• TOP
  • グループプログラムサポート

GROUP PROGRAM SUPPORTグループプログラムサポート

世界基準をベースに、世界で戦うための土台作りを目的とした
アスリート専用のグループプログラム “Twister Program”

グループプログラムサポートの特徴

  • 01
    個別のカスタマイズ可能なグループプログラム
    アセスメント、エクササイズ調整によりトレーニングレベルが違っても同一グループにてトレーニング可能

  • 02
    基礎体力要素に対して統合的にアプローチ/体力の土台を作る
    パワー/筋力/柔軟性/心肺機能など、体力要素の全般的な向上を目指す
  • 03
    計画的に体系化されたプログラム
    最大のトレーニング効果を得るために段階的にプログラムに変化を加える
    ⇒各目標に対する数値の推移を追うことでトレーニング進度の確認を行う
  • 04
    セルフケアプログラムの提供
    アセスメント結果に基づくセルフケアプログラムの作成

グループプログラムサポートの流れ

3段階に期分けを行いその時々で最適なプログラムを提供。

  • 来館頻度が異なる場合は選手の状況や時期に応じて更新​
  • 期分けを1周した場合には、Foundationからエクササイズレベルを上げて再スタート​

フルアセスメント

  • フィジカル
    FMS、基礎筋力
    FMS
    3種の動作評価を行い正しい関節の使い方の確認
    基礎筋力※
    アスリートの土台となる筋力の測定​
    • 基礎筋力の測定時期はトレーニングの進度に合わせて決定
  • リカバリー
    • 身体組成:高精度体組成測定(体成分分析、骨格筋脂肪チェックなど)
  • ニュートリション
    現状の食生活の確認

1回のトレーニングの流れ(例)

  • 0. ダイナミックストレッチ筋肉単位ではなく、動作単位で身体が正しく機能させるためのウォームアッププログラム
  • 1. スピード/アジリティプレー中に予期される動作 ( スタート、ストップ、方向転換、リアクションなど)を鍛えることで、効率の良い動きを習得するトレーニング
  • 2. パワートレーニング瞬間的に大きな力を発揮するためのトレーニング
  • 3. ストレングストレーニング下半身、上半身強化はもちろん、その間にコアやストレッチ種目を挟みサーキット形式で実施
  • 4. コンディショニング全力に近い高強度のエクササイズを、不完全休息を挟みながら繰り返し実施するトレーニング
  • 5. セルフケアプログラム障害予防、疲労回復を目的としたプログラム

マンツーマンでのトレーニングサポート

必要な体力要素を向上させるため、
長年にわたる経験とリサーチに基づいたトレーニング方法の中から
最適なメソッドを選択して選手に提供。

PAGETOP