• TOP
  • パーソナルプログラムサポート

PERSONAL PROGRAM SUPPORTパーソナルプログラムサポート

アスリートとのカウンセリングをもとに、必要な体力要素を向上させるため、長年にわたる経験とリサーチに基づいたトレーニング方法の中から最適なメソッドを選択して選手に提供。パフォーマンス向上を目標として完全マンツーマンでのトレーニングサポートを行う。

パーソナルプログラムサポートの特徴

  • 01
    多角的なアセスメントによって、身体の状態を把握し、完全個別のプログラムを作成
    フィジカル、メディカル、ニュートリションなど多角的なアセスメントで現状把握を行い、目的や目標に対する課題を抽出。​それらの改善に向けたパーソナルプログラムを提供する。
  • 02
    部門のスペシャリストが密に連携し、選手一人ひとりに応じたサポートチームを結成
    パフォーマンス、リカバリー、栄養士、ドクターなどが集まり、DAHカンファレンスを開催し、ソリューションを導き出して提案する。
  • 03
    目標とする試合にピークを持っていくためのトレーニング計画の立案
    目標とする試合に向けたピーク、シーズンを通じてパフォーマンスレベルを維持するなど、包括的かつ実践(戦)的なプランづくりをサポートする。
  • 04
    フィジカル、リカバリー、ニュートリションにおけるきめ細かいOne on Oneサポート
    1回のセッションをより充実したものにするために、完全なOne on Oneでトレーニングを行う。(必要に応じて各スペシャリストのフォローあり)

パーソナルプログラムサポートの流れ

4段階に期分けを行いその時々で最適なプログラムを提供。

  • 来館頻度が異なる場合は選手の状況や時期に応じて更新​
  • 期分けを1周した場合には、Foundationからエクササイズレベルを上げて再スタート​

フルアセスメント

  • フィジカル
    FMS、回旋動作評価、基礎筋力
    FMS
    7種の動作評価を行い正しい関節の使い方の確認
    回旋動作評価
    効率的な回旋動作に関する評価​
    基礎筋力※
    アスリートの土台となる筋力の測定​
    • 基礎筋力の測定時期はトレーニングの進度に合わせて決定
  • リカバリー
    • 形態測定:整形外科的、解剖学的見地からのアスリートの現状を評価
    • 身体組成:高精度体組成測定(体成分分析、骨格筋脂肪チェックなど)
  • ニュートリション
    現状の食生活の確認

1回のトレーニングの流れ(例)

  • 0. アラインメント調整​(リカバリー)​必要に応じてリカバリースタッフによるアラインメント調整を実施。​身体がリセットされた状態でトレーニングを行う​
  • 1. コアアクティベーション​パフォーマンス向上と障害予防に繋がる体幹の安定性、関節の可動性を獲得するトレーニング​
  • 2. ムーブメントプリパレーション筋肉単位ではなく、動作単位で身体が正しく機能させるためのウォームアッププログラム​
  • 3. スピード&アジリティトレーニング​プレー中に予期される動作(スタート、ストップ、方向転換、リアクションなど)を鍛えることで、効率の良い動きを習得するトレーニング​
  • 4. パワートレーニング瞬間的に大きな力を発揮するためのトレーニング​
  • 5. ストレングストレーニング
    (サーキット形式)
    下半身、上半身強化はもちろん、​
    その間にコアやストレッチ種目を挟みサーキット形式で実施​
  • 6. コンディショニング​全力に近い高強度のエクササイズを、不完全休息を挟みながら繰り返し実施するトレーニング  ​

担当制によるトレーニングプログラムの作成/管理

  • トレーニングプログラムの作成​
    担当コーチがカウンセリングやアセスメントの結果をもとに、選手のスケジュールに合わせたプログラムを作成​
  • 選手個々のトレーニング状況管理​
    各選手のファイルを用意し、毎回のトレーニング内容や特記事項を担当コーチが記録し管理​

プラン

プランの詳細については、下記の”お問い合わせ”よりお問い合わせください。

アスリート専用のグループプログラム
“Twister Program”

筋肉やパワーの向上だけでなく、アスリートに
必要不可欠な機能(スピード、アジリティ、安定性、可動性、連動性)を向上させる、グループサーキットプログラム

PAGETOP